HOME>注目記事>これから活用を検討している方が知るべき情報
漁船

購入する場合は個体をしっかり確認

漁船は新艇だと高価なので手が届かないという場合でも、中古漁船なら購入できる場合もあります。中古車と同じように、まだ使ことができる漁船であっても、中古であれば新艇と比較して安いです。したがって、導入コストを抑えたい方に有力な選択肢となります。ただし、安いからと言って飛びつくのは危険なので、しっかり状態を確認して購入の検討をしてください。エンジンの調子や整備状況などは最低限確認しておきたい部分です。エンジンは故障してしまったら修理費用が高くなってしまうので、状態が悪そうなら避けるのが無難です。内外装が汚れているような個体は、整備がなされていなかった可能性があり、隠れた瑕疵がある可能性があるので同様に避けた方が良いでしょう。中漁船であっても、きちんとメンテナンスがなされている個体であれば、まだまだ使うことができる状態ですので、個々のコンディションに着目して選ぶことをおすすめします。

自分好みにカスタム可能

中古漁船は、主に釣りに使うことが想定されています。釣りといっても本格的に漁をする漁師の方もいれば趣味で釣りを楽しむ方もいますが、サイズは様々なのでそれぞれの事情に合わせて活用することが可能です。また、中古漁船は新艇と比較して安いので、浮いた分の費用を活用して自分の好きなようにいじることもできます。中古だと古くなっている部分もありますが、手を加えることで古臭さを払しょくできるケースも多いです。新艇であれば予算オーバーになる上級グレードも、中古なら手に入る価格に収まるのもメリットです。主に安さが魅力で自由度も高いので、この辺の特徴に魅力を感じるなら中古はおすすめです。ただし、相場以上に安い場合は不具合がある可能性があるので、状態のチェックは必須です。